薄毛と食生活

ホーム > 薄毛にならない食生活の注意点


薄毛にならない食生活の注意点

女性の薄毛はホルモンバランスの変化や遺伝的な要素があるものの、食生活も大きな関わりを持っています。
どんなものをどのように食べるかなど、栄養バランスを考えた食事をすることで薄毛を予防したり改善することもできるのです。

▼育毛サプリメント詳細はコチラ▼
【女性用】BOSTON

こんな食事は要注意!

薄毛の原因になりやすいのが「欧米型の食習慣」です。
豚肉や牛肉などの動物性たんぱく質、バター、チーズなどの脂分を多く摂る食生活は薄毛の原因になります。

脂分の高い食品を多く摂取する習慣があると、頭皮の皮脂分泌が活発になって毛穴の詰まりや雑菌が繁殖しやすくなり抜け毛が増えることがあります。
また脂分の多い食事は血管の劣化につながるので、血流によって頭皮に運ばれる栄養分が届きにくくなって髪の成長に影響が出てしまうのです。

もう一つ薄毛の原因になるのが「ダイエット」です。
過剰なダイエットは栄養不足や栄養の偏りを招くため、健やかな髪を作るために欠かせない栄養分が頭皮に行き渡らなくなります。
髪はたんぱく質でできていますので、魚介類や卵、大豆など良質なたんぱく質を摂る習慣をつけましょう。

薄毛につながる食生活

食品選びだけでなく「食事の仕方」も薄毛の原因になります。
外食やファストフード中心の食事は塩分や脂分の摂り過ぎになりやすく、肝臓機能の低下や血流停滞を招くので髪の成長に悪影響を及ぼします。
薄毛を防ぐためには野菜や海藻類を多く摂れるヘルシーな和食がオススメです。

さらに深夜の飲食や寝る前に食事を摂る習慣があると、髪の成長に不可欠な成長ホルモンが分泌される時間帯に血流が消化器官に集中してしまうことになります。
食事は夜9時前に済ませ、夜10時から深夜2時の美容タイムはできるだけ就寝するようにしましょう。

薄毛と食生活の関係

薄毛は食事だけが原因で起こるものではありません。
しかし、ヘアケア方法を変えたり養毛剤を使ったりしただけでは、薄毛を防いだり改善していくのはむずかしい部分があります。
食事の取り方や食品の選び方に注意し、薄毛の予防や改善を行なっていきましょう。

↑ PAGE TOP