産後の薄毛対策と育毛方法

ホーム > 産後の薄毛


産後の薄毛

赤ちゃんを出産後、薄毛や抜け毛に悩まされる女性は多数います。
あまりの抜け毛の多さに「このまま薄毛が治らないのかも…」と不安になる人もいるようです。
産後女性の薄毛・抜け毛はなぜ起こるのか、そのケアや対策はどうしたらいいのかを詳しく説明していきます。

産後に薄毛になる原因

女性が出産後に薄毛になるのは「女性ホルモン量の減少」が原因です。
人間の体内では複数のホルモンが分泌されていますが、そのうち妊娠に深く関わっているのが卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンです。

女性ホルモンは妊娠から出産までの期間に大量分泌し、受胎や母胎維持をサポートする働きをしたのち出産後には役目を果たして分泌量が減っていきます。
この2種類の女性ホルモンには毛髪の成長を助けて持続させる作用があるため、急激な減少が起こると抜け毛が増えて薄毛になりやすいというわけです。

 

産後の生活習慣の変化

出産後の女性の生活は赤ちゃん誕生とともに大きく変化します。
産前は出産に備えて十分に睡眠や栄養を取る生活をしていたものが、産後は赤ちゃん中心の生活になるため睡眠不足や栄養不足が起こりやすくなります。
睡眠や栄養は毛髪の成長に不可欠なもので、それが不足すると抜け毛や薄毛が起こりやすくなるのです。

産後にはホルモンバランスの変化が起こって自律神経に影響を与えるため、マタニティブルーと呼ばれる感情の乱れが出ることもあります。
この感情の乱れや育児のストレスが体の機能低下につながり、髪の成長に必要な栄養素が頭皮にまで届きにくくなって薄毛の原因になるケースも見られます。

産後の薄毛や抜け毛はホルモンバランスや生活習慣の変化の影響で起こるものです。
一般的には産後の抜け毛は出産後2~3カ月くらいから始まり、6カ月後くらいをピークに次第に改善されていって産後15~18カ月頃には治ってくるので心配する必要はありません。
もし、薄毛や抜け毛の状態に異常を感じたら専門医に相談することをおすすめします。

↑ PAGE TOP