生活習慣を変えて薄毛改善

ホーム > 薄毛にならない生活習慣の注意点


薄毛にならない生活習慣の注意点

女性が薄毛になる原因は環境や食事だけでなく、どんな生活習慣を持っているかにも関わっています。
髪に悪影響を与えるような生活習慣があると薄毛や抜け毛につながるので充分に注意しましょう。

▼育毛サプリメント詳細はコチラ▼
【女性用】BOSTON

こんな生活習慣に注意!

・夜更かし、睡眠不足

夜10時から深夜2時までは「美容のゴールデンタイム」です。
この時間帯には髪の成長を助ける成長ホルモンが分泌されるので、しっかり良質の睡眠を取る必要があります。
睡眠不足は心臓や血管の機能低下を招き、髪の成長に必要な栄養素が毛根に届きにくくなります。

・飲酒、喫煙

過度の飲酒をすると髪の成長に必要なアミノ酸が消費されて髪の成長が損なわれたり、アルコール分解の過程でアセトアルデヒドが生成されて薄毛の原因になります。
喫煙によるニコチン摂取は頭皮の血流を停滞させて頭皮環境の悪化を招きます。
また、喫煙をすると体内のビタミンCが大量に破壊されるため、髪の成長に必要な栄養が不足します。

・ストレス、運動不足

人間の体はストレスを感じると血管が収縮して血流が滞りやすくなります。
髪の成長に欠かせない酸素や栄養素は血流によって頭皮に運ばれているため、血流の停滞は薄毛の原因になりやすいのです。
さらに毎日の適度な運動が不足していると新陳代謝や血流の停滞が起こりやすくなり、同じように頭皮に酸素や栄養素が届きにくくなって薄毛の原因になります。  ストレスと薄毛

・間違ったヘアケア

自分の頭皮や髪質に合わないヘアケア法は薄毛の原因になることがあります。
頭皮の皮脂を取り過ぎる洗浄力の強いシャンプーの使用や、シャンプー剤・リンス剤のすすぎ残し、過度に髪に負担を掛けるヘアスタイル剤の多用、ひんぱんなカラーリングといったヘアケアには注意が必要です。  抜け毛防止シャンプー

生活習慣と薄毛の関係

夜更かしNG、飲酒・喫煙もNG、運動不足もNG…と聞くと「髪のためとはいえ少し厳しい」と感じる人もいるかもしれません。
最初からすべてを完璧にしようとせず、一つずつ髪に良い生活習慣を身に付けるようにしてみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP