ヘアサイクル

ホーム > ヘアサイクルとは


ヘアサイクルとは

ヘアサイクルは「毛周期」とも呼ばれ、髪が伸びて抜けるという過程を指す言葉です。
女性の髪は一定の周期で成長から退行、休止、脱毛を繰り返しています。
この繰り返しがヘアサイクルで、健康な髪は約4~6年程度の期間で成長したあと退行期と休止期を経て一つの周期を終えます。
ところが髪や頭皮の健康が損なわれるとヘアサイクルが順調に進まなくなり、成長する髪が減って抜け毛が増えることから薄毛になってしまうわけです。

健康なヘアサイクルの流れ

健康な状態のヘアサイクルでは、髪は次のような過程を繰り返します。

『成長期1』…毛母細胞が分裂して髪が生え始める
        ↓
『成長期2』…髪が伸びて成長していく
        ↓
『成長期3』…太く長い髪に成長していく
        ↓
『退行期』…髪の成長が止まる(2~3週間)
        ↓
『休止期』…髪の成長が休止する(数カ月間)
        ↓
『脱毛期』…髪が抜け落ちる
        ↓
『成長期』…再び髪が誕生して生え始める

このような流れで髪は誕生から脱毛までを繰り返し、髪が抜け落ちたあとに再び次の髪が生え始めるのです。

乱れたヘアサイクルの流れ

何らかの原因でヘアサイクルが乱れると、髪の周期は次のように変化します

『成長期1』…毛母細胞が分裂して髪が生え始める
        ↓
『成長期2』…なし
        ↓
『成長期3』…なし
        ↓
『退行期』…髪の成長が止まる(2~3週間)
        ↓
『休止期』…髪の成長が休止する(数カ月間)
        ↓
『脱毛期』…髪が抜け落ちる
        ↓
『成長期』…再び髪が誕生して生え始める

髪は生えてくるものの、太く長く成長することなく抜け落ちていくのがヘアサイクルの乱れです。
十分成長しないうちに髪が抜けてしまうわけですから、抜け毛が増えて成長する毛が減る、即ち薄毛という状態になるのです。

ヘアサイクルが乱れる原因

髪の周期の乱れる原因は人によって様々です。
女性に多いのはホルモンバランスの変化やダイエットなどによる栄養の偏り、精神的なストレス、体の冷えや血流の停滞です。
特にホルモンバランスが崩れる更年期以降はヘアサイクルが乱れやすいので注意が必要しましょう。

↑ PAGE TOP